スキンケア

ブルーライトによる肌影響を最小限に抑えることで将来の肌リスクを減らす

ブルーライトが肌に与える影響は色素沈着をもたらす要因につながります。

ブルーライトによる肌の色素沈着について実験を行った結果、ブルーライトを照射して1時間以内に即時的に肌が変色することが明らかになっています。

照射を終了しても3週間後まで色素沈着が残ってしまい、ブルーライトは高いエネルギーを持って肌を変色させてしまうことが分かります。

肌に色素沈着をもたらす原因は紫外線だけでなく、ブルーライトも関係しており、ブルーライトを毎日コンスタントに浴び続けていればシミやそばかす、シワ、たるみといった光老化を引き起こすリスクを高めます。

ブルーライトは肌の奥の深部まで到達することも明らかになっています。

そのため、ブルーライトによる色素沈着が一度起こってしまうと、3ヶ月以上持続してしまうことがあります。

ブルーライトは肌の表皮と真皮を透化し、紫外線よりも肌の奥深くまで達してしまうので将来肌トラブルにリスクを最小限に抑えるために紫外線対策と合わせてブルーライト対策も必要です。

ブルーライトを発生する電子機器の使用を最小限にしたり、ブルーライト対策のコスメアイテムを使うことが有効と言えます。

ブルーライトによる肌の影響は深部にまで到達するほど深刻な状態になってしまう可能性もあることから、ブルーライト対策は肌にとって大切です。