スキンケア

年齢と共に衰える肌を美しく保つためのエイジングケア

年齢を重ねると毎日スキンケアをしていても肌の弾力や潤いが失われていき、それが肌のたるみやシワの原因になります。
肌の老化を少しでも防ぐためには若いうちからのエイジングケアが必要になってきます。
普段の化粧水や保湿クリームなどのアイテムをエイジングケア商品のものに変えるのも効果的ですし、腸内環境を整えることも重要です。
腸内環境が悪いと悪玉菌が増えてしまい、有害物質が血液を通して全身にいきわたり肌荒れを引き起こします。
ですから善玉菌を増やしてくれるような食事を心がけたり、栄養素を豊富に含んでいる、抗酸化作用の高いビタミンEやビタミンCを摂取したり、食物繊維の多い食べ物を食べてお通じをよくしたりすることでも腸内の環境がよくなり、エイジングケアにもつながります。
生活している中で、一番肌にダメージを与えるのは紫外線で、浴びすぎると肌の老化に繋がる活性酸素を発生させてしまいます。
紫外線を浴びると肌が乾燥してシワの原因になったり、キメが荒くなってハリとツヤが失われ、化粧のノリも悪くなります。
少しの外出でも、日焼け止めを塗ったり帽子をかぶったりするなどエイジングケアを意識することで肌の老化を予防することができるでしょう。