スキンケア

眉メイクの基本をおさえて、ワンランク上のお顔に

眉は顔の額縁とも言われていますが、眉メイクによって顔の大きさや見え方は全く変わってきます。
それぞれの顔型やパーツのバランスによって似合うものは少しずつ異なりますが、眉メイクの基本は眉頭、眉山、眉尻の位置のポイントをしっかりと押さえることが大切です。
まず眉頭は鼻筋から眉を繋げる大切なポイントなので、鼻筋との繋がりを意識して作ることが重要です。
目安として、目頭から垂直に伸ばしたライン上よりも顔の内側に入らないようにして、描いた後は指で鼻筋に向けてボカすようにすると、自然なノーズシャドーに繋がり、立体的な眉となります。
次に眉山の位置は描きたい眉の形によって違いますが、基本的には黒目の外側の垂直に伸ばしたラインか、そこから2ミリ外側までが理想です。
それ以上眉山を外側に作ると、顔が横に広がって見えてしまうので、注意しましょう。
最後に眉尻ですが、小鼻と目尻を結んだ延長線のラインと、眉頭から水平に伸ばしたラインの交差した点が基本です。
この位置で終わっている眉は一番顔が小さく見せる効果があります。
下がり眉が流行ではありますが、眉頭の位置よりも眉尻が下がってしまうと、悲しく不幸せそうな表情になってしまうので、そうならないように注意しましょう。
眉は女性のメイクの課題とも言えますが、基本を押さえて、美眉を手に入れましょう。