スキンケア

自分でネイルケアする際は爪切りを卒業して爪やすりを使うという方法です。

ネイルケアをプロの方に頼む方もいらっしゃると思いますが、意外とお値段が高いと思う方もいらっしゃると思います。
もちろんプロですので安心できますが、中には資格を持ってない人が担当する場合もあります。
そこで提案したいのが自分で優しくやるネイルケア方法です。
まずは、爪切りをやめましょうと言いたいです。
爪切りは上下に刃がついていて構造です。
切るというよりは押し当て爪を除くという仕組みの物です。
ですので、爪切りを使った時にパチンとなるのは押し切りしてるからです。
爪切りから音がすると言う事は、それだけ爪に負担になってると言えると思います。
そのこで、爪切りを一切使わないで爪やすりで爪の伸びた所を削るという方法です。
爪やすりの使い方としては、爪に対して爪やすりは左右に振ってはいけないという点だといえます。
爪は縦に流れているので、左右に爪やすりを振ってしまえばそれだけ爪に負担をかけてしまいます。
爪が弱い方には本当に負担になってしまいます。
ですので、右から左にやるか、左から右にやるかは自分のやりやすい方法で大丈夫です。
右手をやる際と左手をやる際には爪やすりの持ち方の違いが出るので、それを見極めるのが大切だといえます。
ですので、絶対に自分で爪やすりを使う際は一定方向に削るという作業が必要になります。
それだけで二枚爪は解消されます。