北京 vol.26 北京っ子になりきって、楽しむひと時―老舎茶館

2012/02/1003:00

北京の有名な伝統菓子の盛り合わせが一度に楽しめる

 大イベントの春節がすぎ、食卓の主役が、ぎょうざからから元宵・湯圓とよばれるあん入り白玉団子に取って代わる。嵐のような爆竹と花火、まさにカーニバルだった北京の春節、そして狂想曲のような帰省のあと、意外と静かに日常が始まる。

耐熱ガラスに入ったお茶 何度もお湯を足してゆっくりいただく

 老舎の名作「茶館」は、いまでも頻繁に劇場で上映され、人気のある作品だ。北京の中心部、おのぼりさんならみんな詣でる観光地・前門のそばに、茶館はある。90年代、始めてこの店に訪れたとき、巨大なやかんをたくみにあやつり、お湯を注ぐさまに中国の伝統芸能を見るような心もちがしたものだった。そして、21世紀になってまたこの場所を訪れてみた。

 実は、うわさでかなり観光客用にお高く、いけ好かない雰囲気になったと聞いていたが、いやいや、そうでもない。ステージがみえるように配置されたテーブルに着くと、民族衣装をまとった男の子がすぐにお伺いに来る。残念ながら大きなやかんのパフォーマンスはなくなったようだが、ここにしかない工夫茶(お湯を注ぐと花が開くように茶葉がひらく茶の玉)が何種類もあり、ここにしかないオリジナルもある。美しい名前がついたお茶を飲みながら、北京の伝統的な軽食をつつき、影絵や京劇の節回しを楽しむ。ゆったりした時間がまだここには豊かに流れている。

 お土産のお茶を勧めに来た。かわいい男の子の笑顔に、同行者はすっかりその気に。ここらへんに現代中国のしたたかさが垣間見える。

老舍茶館(前門店)
住所:宣武区前門西大街正陽市場3号楼
電話:(010)6303-6830、6302-1717

渡邊英子(わたなべえいこ)
日系企業の工場立ち上げ翻訳、日中B2Bサイトの機械翻訳、中国国営ニュースサイトの翻訳と翻訳畑のヘッジを渡り歩く。アジアの文化や情報が早く、正確に伝わるともっとわかりあえると信じて翻訳にいそしむ日々。趣味はドラマ観賞と食べ歩き。北京在住。

主な市場指標

2016/07/28 09:35更新

日経平均16664.82281.78
NYダウ18472.17-1.58
ナスダック総合5139.8129.76
上海総合指数2992-58.17
ハンセン指数22218.9989.26
人民元/円-100100
ドル/円-100100
ユーロ/円-100100

今日の天気

2016/04/12 08:00更新

北京晴れ22℃ / 8℃
上海晴れ19℃ / 14℃
広州薄曇り24℃ / 22℃
大連薄曇り16℃ / 7℃
杭州26℃ / 16℃