人人網vsフェイスブック(1) 中国のインターネット普及率は低く 競争環境は熾烈

2012/03/1214:00

 

 2011年12月の時点で、中国のインターネット普及率は38.3%にとどまっているのに対し、米国は82%。中米2国で最も影響力のあるSNS「人人網」と「フェイスブック」の普及率を見ても、「フェイスブック」が30ポイント以上に上回っている。(グラフ=「人人網」と「フェイスブック」のユーザー普及率の対比)

 

  これは米国市場では、「ツイッター」以外に、フェイスブックに匹敵する大手ソーシャルメディアが存在しないことに原因がある。中国のソーシャルメディア環境は複雑で、ミニブログやインスタントメッセンジャーソフトの競争以外に、世間のソーシャルメディア分類の認知度が低いという問題もあり、これが中国のユーザーのソーシャルメディアの使用を分散させている。(グラフ=中米のインターネットソーシャルメディアの使用対比)

 歴史や言語、地域性などの要素から、中国語を話す人々はアジアに集中しており、一方の英語を話す人は、欧米やオーストラリアなど広範囲に拡散している。このように、異なる文化背景や社会環境のもとで成長している「人人網」と「フェイスブック」だが、11年9月の時点で、中国市場の「人人網」のアクティブユーザーは1億3700万人に達し、一方の「フェイスブック」の米国市場のアクティブユーザーは1億5400万人と、その差は2000万人以下となり、2社の自国の市場のユーザー数は僅差に迫っている。(翻訳:KN)

主な市場指標

2016/06/26 13:05更新

日経平均14952.02-1286.33
NYダウ17400.75-610.32
ナスダック総合4707.98-202.06
上海総合指数2854.29-37.67
ハンセン指数20259.13-609.21
人民元/円6.3900100
ドル/円0.9800100
ユーロ/円0.8800100

今日の天気

2016/04/12 08:00更新

北京晴れ22℃ / 8℃
上海晴れ19℃ / 14℃
広州薄曇り24℃ / 22℃
大連薄曇り16℃ / 7℃
杭州26℃ / 16℃