【社会】オートバイを乗り回したり、グラサンかけたりなヤンチャな古代兵士たち 現代の街に現れた兵馬俑オブジェ(陝西省西安市)

2012年07月10日18:01

7月6日、西安市の街角に一風変わったユニークな兵馬俑のオブジェが登場した。オートバイに3人乗りして街中を走っている姿や、道行く美女に見とれている姿など、思わず吹き出してしまいそうな斬新な姿の兵馬俑たちが道行く人たちの注目を集めている。

100年の歴史を誇るビルが爆破解体 地下鉄建設のために(江西省南昌市)

前へ

なぜこんな奇抜な計画?若者10数人がトラクターでチョモランマを目指す(四川省成都市)

次へ

少数民族のヤオ族が、伝統的民族文化を披露(広西チワン族自治区南寧市)

「龍馬」ロボットが鳥の巣前で試運転(北京市)

「マジック文化祭」で民間芸能団体が春節の伝統芸能を披露(河南省宝豊県)

猛禽類が秋の青空を旋回する大青山の風景(内モンゴル自治区フフホト市)

ビル屋上に「空中サッカー場」が出現(安徽省阜陽市)

親と子、学校みんなで楽しめる「親子運動会」を開催(山西省太原市)

ノーベル文学賞作家「莫言」の頭像、あどけなさに来場者たちが「萌え萌え」(上海市)

南寧市で体操世界選手権開催、内村航平が個人5連覇達成

中国人の始祖・炎帝が永眠する炎帝陵で慰霊式典を開催(湖南省株洲市)

皆既月食で見える赤い月「ブラッドムーン」が観測される(江西省南昌市)

秋を迎え黄金色に染まる高原が絶景(新疆ウイグル自治区和静県)

重機でバスケットボールをシュート、ショベルカーの精密操作技術コンテスト開催(北京市)

スモッグに覆われ霞む故宮、オレンジ警報発令(北京市)

漢城遺跡で漢時代の結婚式を再現(陜西省西安市)

大型連休の混雑をよそに、スローライフを満喫するパンダ(陜西省)