クレジットカードの貸越に頼る「月欠族」の新入社員

2013/11/1211:19

 「以前は、『月光族(毎月の給料を全部使い果たす人)』のことをバカにしていた。でも自分自身が『月欠族(毎月の給料を使い果たすばかりでなく、クレジットカードの貸越に頼る人)』になってしまって初めて、『月光族』がこんなにも羨ましいものかと知った」。会社に入社したばかりの倩さんは自分の生活状態について、このように感慨深げに語った。楚天金報が伝えた。 

 いわゆる「月欠族」とは、月末にはすべてのお金を使い果たしてしまい、クレジットカードの貸越に頼って生活する人々のことをいう。「月欠族」はほとんどが会社に入社して間もない新入社員であり、お金を持っている1カ月の前半はあっという間に過ぎ去り、後半の日々はまるで死んだかのように感じるという人々だ。倩さんもその中の1人だ。

 今年の6月に大学を卒業したばかりの倩さんは、仕事を始める前にすでに両親と相談して、1年の前半分の家賃と生活費を半分負担してもらうことにしていた。

 しかし、両親からの援助を受けているにもかかわらず、大学時代と比較して、現在の生活レベルは大きく下がったと感じている。毎月の給料はわずか約2000元(約3万2480円)。毎日の食事代や交通費、電話代、時には友達との会食代、同僚の結婚のご祝儀、その他雑費などを合わせると、少なくない金額になっている。給料だけに頼ったのでは、基本的な生活さえ維持できない状態だ。

 「クレジットカードを作るつもり」という倩さんは、「あと2カ月で、両親からの援助がストップする。後半の半年分の家賃は一回で払わないといけないし、そのほかにも生活費用がかかる。でも、申し訳なくて両親にさらにお金を援助してとは言えない」と語る。クレジットカードは倩さんがどうしようもなくなって最後にとった手段だ。

 これに対し、人事部の職員は、「新入社員は財産の管理・計画の感覚が欠けており、容易に月欠族になりやすい。資金計画をしっかりと立てて、倹約的に計画を持ってお金を使うべきだ」と提案する。一番いいのは自分に合った投資計画を行い、倹約をしながら財源を確保することだ。

人民網日本語版  原文へ

主な市場指標

2016/08/27 08:05更新

日経平均16360.71-195.24
NYダウ18395.4-53.01
ナスダック総合5218.926.71
上海総合指数3070.311.98
ハンセン指数22909.5494.59
人民元/円-100100
ドル/円-100100
ユーロ/円-100100

今日の天気

2016/04/12 08:00更新

北京晴れ22℃ / 8℃
上海晴れ19℃ / 14℃
広州薄曇り24℃ / 22℃
大連薄曇り16℃ / 7℃
杭州26℃ / 16℃