2014年のネット業界、5つのサプライズに期待

2014/01/1010:59

 2014年に私たちを待ち受けているインターネットの革新と応用には何があるだろうか?8日に開かれた2014年中国インターネット産業年次総会において、専門家、経営者、ネットユーザーが白熱した議論を展開した。新華社が伝えた。

◆期待一 4Gがモバイル生活を豊かに

 1秒で音楽を1曲ダウンロードし、2分間で映画を1本ダウンロードする。4Gの高速通信により、2014年にはこれまで実現されなかった使用方法が、急激な発展を迎える。

 同年次総会で発表されたデータによると、昨年の中国のモバイルインターネットの利用者数は6億5200万人に達し、モバイルインターネット市場の規模は300億元(約5190億円)を突破した。そのうちウェアラブルデバイスの市場規模は、前年比301.64%増となった。この数は2014年も急増を維持し、かつ中小都市の市場に浸透すると見られる。そのうちスマートフォンの出荷台数は、4億5000万台を超える見通しだ。4Gはまたモバイルインターネットをより多くの伝統的な分野に進出させ、1億元級の産業チェーンを形成するだろう。

 4Gは企業にもビジネスチャンスをもたらす。多くのネットユーザーにとって、4Gは変革を意味する。私たちは高速ネットワークをポケットに入れることで、新たなモバイル生活を迎えるだろう。

◆期待二 ネット金融が庶民を主役に

 アリババ、百度、テンセントなどのインターネット大手が昨年、金融サービスと商品を相次いで発表し、決済、ローン、為替、資産管理などの伝統的な金融業界に攻勢をかけた。インターネットは金融への進出を加速している。

 同年次総会で発表された報告によると、中国の第3者オンライン決済企業のうち、支付宝(アリペイ)が48.8%の市場シェアを占めている。昨年第3四半期、中国銀聯のオンライン決済プラットフォームの決済・振込規模は4687億元に達した。

 ネット金融は単純な決済事業から、振込、クロスボーダー決済、小額ローン、キャッシュ管理、資産管理、サプライチェーン・ファイナンスなどの伝統的な金融事業に浸透しつつある。

◆期待三 ビッグデータが表舞台に

 ビッグデータとは何か?その概念が人々に理解される前に、この2013年で最もホットな技術用語は幕裏から表舞台に出て、正式に実用化の段階に入った。業界内の専門家は、「同技術は、すでに大量の情報から価値ある情報を抽出する能力をつけており、顧客の需要を正確に特定している。また社会管理、医療、交通、金融サービスなどにも応用されている」と指摘した。

1 2 >

主な市場指標

2016/05/26 07:05更新

日経平均16757.35258.59
NYダウ17851.51145.46
ナスダック総合4894.8933.84
上海総合指数2815.09-6.58
ハンセン指数20368.05537.62
人民元/円0100
ドル/円0100
ユーロ/円0100

今日の天気

2016/04/12 08:00更新

北京晴れ22℃ / 8℃
上海晴れ19℃ / 14℃
広州薄曇り24℃ / 22℃
大連薄曇り16℃ / 7℃
杭州26℃ / 16℃