上海市郊外湖畔に安藤忠雄設計の劇場が出現

2014/07/1411:53

上海市嘉定区嘉定新城に、安藤忠雄が設計を手がける上海保利大劇場が9月30日に完成する予定だ。遠香湖の傍らに位置し「水景」を積極的に取り入れたモダンなデザインが特徴。“万華鏡”と称されるその独特のデザインから新たなアートスポットとして注目を集めそうだ。上海保利大劇場の総面積は3万6500㎡に及び、投資額は7億人民元。1466席を有する大劇場、400席の多機能ホールを備え、交響楽、オペラ、ミュージカル、ストレートプレイなどの芸術公演にも対応する。その一方、チケット代は出来るだけ安く抑え、260元以下に設定される予定。チャリティー公演なども常時開催し、入場券は最低30元からと格安。無料のアート講座も計画されている。

主な市場指標

2016/08/29 08:05更新

日経平均16360.71-195.24
NYダウ18395.4-53.01
ナスダック総合5218.926.71
上海総合指数3070.311.98
ハンセン指数22909.5494.59
人民元/円-100100
ドル/円-100100
ユーロ/円-100100

今日の天気

2016/04/12 08:00更新

北京晴れ22℃ / 8℃
上海晴れ19℃ / 14℃
広州薄曇り24℃ / 22℃
大連薄曇り16℃ / 7℃
杭州26℃ / 16℃