中国、学歴・収入高いほどSNSの連絡先が多い 最新調査

2014/10/2310:59

第2回中国メディア信頼性フォーラムがこのほど開催され、北京師範大学芸術・伝媒学院の張洪忠教授が、「微信(ウィーチャット)という社会資本の集団行動に対する影響」の第一期研究結果を発表した。社会資本という角度から、無料メッセンジャー微信の社会に対する影響を分析するのは、同研究が初めて。北京青年報が報じた。

同報告によると、微信は、北京と深センにおいて、住民の使用率が51.70%に達している。中国の3大ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)である微信、QQ、微博(ウェイボー)は、いずれも女性より男性の使用率が高い。40歳以上のグループを見ると、微信の使用率はQQを超えているのに対し、40歳以下のグループになるとQQを下回っている。微信利用者のうち、4割の連絡先が50人以下で、全体的に見ると、女性利用者より男性利用者の連絡先が多い。また、学歴や收入が高い使用者ほど、連絡先が多いことも分かった。そのほか、微信利用者の26.1%が、毎日モーメンツを利用していた。

同報告によると、微信は既に、バーチャル社会資本となっており、高い参加率と信頼度を有している。同研究では、「構造」と「文化」という観点から微信の社会資本を考察した。

張教授は、「微信は高い参加度と信頼度を有し、バーチャル社会資本となっているが、オフラインの集団行動には顕著な影響を与えていない。言葉を変えるなら、微信の集団行動に対する影響力は弱く、現実に対する影響力にも限りがある」と分析している。北京師範大学伝播效果実験室は今後、微信などのSNSが、現実の行動にどのような影響を与えるかを追跡調査する。

人民網日本語版  原文へ

主な市場指標

2016/05/25 16:05更新

日経平均16757.35258.59
NYダウ17706.05213.12
ナスダック総合4861.0695.27
上海総合指数2815.09-6.58
ハンセン指数20311.2480.77
人民元/円0100
ドル/円0100
ユーロ/円0100

今日の天気

2016/04/12 08:00更新

北京晴れ22℃ / 8℃
上海晴れ19℃ / 14℃
広州薄曇り24℃ / 22℃
大連薄曇り16℃ / 7℃
杭州26℃ / 16℃