スキンケア

肌の酸化を対策するには、紫外線対策が重要となる

肌の老化を進行させて肌トラブルを引き起こす肌の酸化は、鉄が酸素に触れることで酸化します。
肌が酸化することにより、シワやシミといった肌悩みが増えるだけでなく、肌の老化が進行する原因になります。
また、肌の酸化には活性酸素が関わっているので、活性酸素が増え過ぎることで肌細胞だけでなく、全身の細胞な悪影響を与えます。
そのため、肌が酸化するのを対策するには、紫外線対策を施すのが重要となります。
なぜなら、紫外線が肌に照射することで肌荒れを起こすだけでなく、紫外線が活性酸素の発生に影響を与えるからです。
肌は、紫外線を浴びることで体内で活性酸素を多く作りますが、紫外線を浴び過ぎると活性酸素が増え過ぎることになります。
なので、活性酸素によって肌の乾燥だけでなく、肌の酸化が進行する形になります。
また、活性酸素による酸化の働きは、抗酸化酵素によってふさぐことができますが、活性酸素が増え過ぎると抗酸化酵素が足りなくなります。
さらに、加齢に伴って抗酸化酵素の働きが低下するので、残った活性酸素がシミの原因となるメラニン色素を増やします。
そのため、肌の弾力を保つコラーゲンが少なくなるので、紫外線対策を行って肌の酸化を対策することは肌トラブルを防ぐのにも重要となります。
肌の老化が進行する肌の酸化は、紫外線対策を施して活性酸素が増え過ぎるのを対策することがポイントとなります。