スキンケア

睡眠不足が肌荒れの原因になる?美容に睡眠は欠かせない

よく「睡眠不足は肌の大敵」といいますが、それは本当のようです。
実際、多忙や夜更かしによって睡眠時間が削れてしまうと肌のターンオーバーが正常化しなくなり
それが美容面で大きな痛手になります。
睡眠不足から体内の臓器に負担が掛かるため、特に胃は負担を抱えやすくそれによって肌が荒れてしまう人もいます。
肌をきれいにするのには栄養バランスの整った食事はもちろん、長時間の睡眠時間も必要になります。

人は眠っている時間が肌の損傷や体の痛む部分を修復する作業の時間になるので、眠る時間が短いとその分肌荒れや痛みが抑えられるのが遅くなります。
よって、一度にしっかり眠ることで食事で摂った栄養成分が体内にいきわたり美容にも一役買います。

もしも、眠れない状態であっても一旦横になることをおすすめします。
睡眠状態に入らずとも、ただ横になっているだけでも体は休まります。

それか、何か香りのするものに癒されながら眠るというのも一つの手です。
香りには人を癒す効果があり、精神的にリラックスするとリンパの流れが正常化して美容面で効果が期待できます。
眠り・美容両方に効果的なのは入浴です。
入浴剤を入れてゆっくりと過ごすことで心身が癒され、眠りやすくなり肌も綺麗になりやすくなります。