ダイエット

睡眠ダイエット成功のカギは5つの痩せホルモンを睡眠中に活発にさせるかにかかっている

睡眠ダイエットには5つの痩せホルモンを睡眠中に上手く働かせることができるかが効果を引き出すカギとなります。
5つの痩せホルモンとして「グレリン」「レプチン」「成長ホルモン」「セロトニン」「メラトニン」が挙げられます。
グレリンとレプチンは食欲をコントロールする役目があります。
食事の前はグレリンが上昇し始め、食べ始めてお腹が満たされてくるとレプチンが出て食欲をストップさせます。
これらをタイミング良く出せる生活リズムを続けることが食欲を抑える効果と併せて、ダイエット効果も得ることができます。
成長ホルモンは睡眠中のカロリー消費を活発にします。
就寝中のエネルギー消費量を上げ、脂肪を燃焼させることでダイエット効果を高めます。
成長ホルモンは就寝中に分泌量を増やし、深く眠っている時に盛んに分泌されます。
特に眠り始めて1回目の深い睡眠の時に多く分泌され、それ以降は睡眠のリズムに合わせて深く眠っている時に成長ホルモンを盛んに分泌します。
なので、深く眠ることで成長ホルモンを分泌量も増やすのでそれだけエネルギー消費を高めてくれ、ダイエット効果を引き出しやすくします。
体は朝から夕方までは体も脳も活動的になり、夜になると眠くなるという体内時計に基づいた生体リズムが備わっています。
このリズムを司っているのが明るい光を浴びると分泌されるセロトニンとセロトニンから合成されて夜になると持続的に分泌されるメラトニンの2つのホルモンです。
朝日光を浴びることで覚醒し、昼間活発に動いて、夜になると休息状態になり眠くなるという1日周期のリズムに沿った生活習慣を行うことで体内時計のリズムが整い、睡眠の質を高めてくれます。
グリシンは血管を拡張させて、表面体温を上昇させることで体内の熱を放出し就寝中の深部体温を下げ、睡眠効果を高めます。
グリシンは成長ホルモンの分泌を活発にするので夕食時にグリシンを含む牛すじ、鳥の軟骨、豚足、えびやカニといった食材を摂り入れたり、サプリメントで補うことで深い睡眠へと導きやすくし、睡眠ダイエット効果に役立てます。
睡眠ダイエットの成功の秘訣は5つのホルモンを活性化させることが重要であると言えます。
眠気を感じたら布団に入り、深く眠ることで5つのホルモンの働きを高めて睡眠ダイエットの効果を引き出しやすくします。
“”