肌の糖化とは何か?対策しないと老化や黄ぐすみになるって本当?

肌の「糖化」という現象をご存知ですか?

糖化という言葉を始めて聞く方も実は多いのではないかと思います。肌の糖化というのは糖質過多な食事によって肌が老化してしまうことを意味します。

普通肌の老化と言うと乾燥や紫外線といった外部からの影響によるものを連想しがちですが、日常の食事がもたらす肌の老化もあるのです。

肌の糖化はくすみやたるみなどのトラブルにつながるだけでなく、健康面でも影響を及ぼします。

今回は肌の糖化について、その原因や対策について紹介したいと思います。

 

 

「糖化」は肌の「コゲ」!

 

まずはじめに、糖化とはどういうものなのかについて説明したいと思います。糖化が肌や健康に及ぼす影響とはどういうものなのか見ていきましょう。

 

糖化で肌が老化する

肌の老化といって思い浮かぶものと言えば、年齢肌によるシミやシワなどではないでしょうか?

実は肌の老化というのは加齢や酸化だけでなく、糖化によっても進行してしまいます。酸化は「肌のサビ」と表現されるのに対し、糖化は「肌の焦げ」と言われます。

ちょっとピンとこないかもしれませんが、食べ物が焦げて褐色になるように、肌をつくるタンパク質が糖化によって褐色となることから、こういう表現をされます。

食事で必要以上に糖分を摂ってしまうと、余分な糖分はタンパク質と結合し「AGEs(エイジズ)」と呼ばれる物質が生成されます。

この物質は強い毒性を持つことから、肌の色が変わるだけでなく健康面においても悪影響を及ぼしてしまいます。

 

糖化が肌への与える影響

糖分の摂り過ぎによって有害物質が体内で作られてしまうことはわかりましたが、それが肌に対してどのような影響があるのでしょうか?

糖化によって生成された物質は体内で分解されることなく蓄積され、その結果肌は黄色く変色してくすんでしまいます。

またコラーゲンも固くなってしまい肌にたるみが生じてしまいます。

さらに糖化によって肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーも乱れ停滞してしまいます。その結果、シミや肌の乾燥といった肌トラブルも引き起こされてしまうのです。

糖分の摂り過ぎはこのように肌に対しても悪影響を及ぼし、老化を早める原因となってしまうのです。

 

健康面にも被害が…

糖化によって生成された有害物質は肌の老化だけにとどまらず、健康面においても悪影響を及ぼします。

その一例としては

・がんや心臓病などの生活習慣病を引き起こす

・体調を崩しやすい状態に陥る

・糖尿病・認知症・高血圧・骨粗しょう症などを引き起こす

・髪や骨の老化を早める

といったことが挙げられます。

単なる見た目の老化だけでなく、生活習慣病をはじめ重大病につながる恐れのある病気を引き起こす可能性が高まるため、糖化というのはとても怖い現象であることがわかります。

 

糖化が起こる原因とは?

糖化がなぜ起こるのかというと、その原因は糖分の過剰摂取にあります。

糖分は私たちが活動するために必要なエネルギー源となる大切な栄養素ですが、過剰に摂取してしまうと身体にとって悪影響を及ぼすようになります。糖化生成物を多く含む食品としては、肉類や魚類、チーズ、植物油、そしてケーキやパンなどが挙げられます。

これらは食べ過ぎに気をつける必要があります。

また食材だけでなく、調理方法についても気をつけなければなりません。焼く、油で揚げる、電子レンジで加熱するといった高温を伴う調理は糖化生成物の量を増やすと言われています。

忙しいと何かと冷凍食品や揚げ物などに頼ってしまいがちですが、こうした食事は糖化を促進させてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

 

自分でできる糖化度セルフチェック

自分がどの程度糖化が進んでいるのか、気になりますよね?

自分の肌の状態をチェックすることで、自分の糖化度を知ることができます。

以下のチャック項目について、ぜひセルフチェックをしてみてください。

・肌荒れが治りにくい

・肌にハリや弾力がなく、たるみがある

・肌の表面がごわごわしている

・角質が厚く感じられる

・肌に透明感がなく、黄色い気がする

・シワやほうれい線が目立つ

・シミが目立つ

・口角が下がり気味である

・唇が乾燥する

・肌のキメが整っていない

 

これらに該当するほど、糖化が進行している可能性が高いと言えます。

次章では糖化の進行を抑える対策について紹介します。

 

糖化はこうして対策する

糖化の予防・改善のためには、とにかく食生活を中心とする生活習慣の見直しが大切となってきます。

どのようなことに気をつければいいのか見ていきましょう。

 

抗糖化効果のある食品を食べる

食品の中には糖化を食い止める効果を持つものがあります。

糖化生成物を体内に増やさないためには、抗糖化効果のある食べ物をしっかりと摂取するよう心がけましょう。

抗糖化効果のある食品としては以下のようなものがあります。

・大豆

・鶏ささみ肉

・ブルーベリー

・ローズマリーなどハーブ類

・よもぎ

大豆は豆腐や納豆など、手軽に摂ることができますし、鶏のささみブルーベリーなども簡単に入手できるので、積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

他にも食物繊維を多く含むもの、ニンニクなども抗糖化効果があると言われており、上手に活用したいところですね。

 

血糖値上昇を抑える

血糖値が高いと糖化のリスクが高まるため、糖化予防のためには血糖値の上昇を抑えることが大切となります。血糖値の上昇を抑える食事の方法としておすすめなのが「ベジタブル・ファースト」です。

これは文字通り野菜を先に食べることを意味しており、食物繊維を含む野菜を先に食べることで糖の吸収を遅らせることができることから、血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。

野菜の他にもキノコ類なども効果的です。

食事の際の食べる順番として、炭水化物の前に野菜、キノコ、肉、魚を食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることができると覚えておきましょう。

 

抗糖化作用のあるお茶を飲む

お茶にも抗糖化作用があることから、毎日お茶を飲む習慣をつけることも糖化を防ぐのに効果的です。

お茶は入手しやすい緑茶や健康茶でもいいのですが、以下に示すお茶は抗糖化作用を持つお茶として注目を集めており、おすすめのお茶です。

・高濃度カテキン茶

・カモミール茶

・ルイボスティー(ノンカフェイン)

・ドクダミ茶

・甜茶

気になる方は一度試してみてはいかがでしょう?

 

食後の運動

糖分を消費するためには何といっても運動です。理想的なのは食後1時間以内の有酸素運動です。

ウォーキングなど軽い運動を30分程度行なえば十分です。時間がなければスクワットなどの加圧トレーニングでも良いでしょう。

また糖化対策だけでなく健康を考えるなら、日頃から歩く習慣を身につけておきたいところです。

 

6時間以上の睡眠

健康を保つために睡眠を十分にとることは欠かせません。睡眠をとることで新陳代謝が活発になるため、糖化対策としても効果的です。

睡眠不足だと成長ホルモンの分泌が抑制されてしまうため、老化を早めることにもつながります。毎日6~7時間程度の睡眠時間を確保してぐっすり眠るようにしましょう。

 

 

スキンケア製品・化粧品の選び方

糖化には食事などの生活習慣の対策が効果的なのですが、それ以外にも糖化生成物を予防する成分が配合された化粧品によるスキンケアも大切です。

・植物エキス

・ビタミンA・E

・ブルーベリーエキス

といった成分は糖化に対して予防効果が期待できるので、スキンケア商品にはこれらの成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。

 

肌の糖化とその対策に関するまとめ

糖化は肌を身体の内側から老化に導くだけでなく、生活習慣病や重大な病気につながる恐れもあることから、とにかく避けることが大切です。糖分の摂り過ぎが糖化の原因なので、まずは予防策として糖分を摂り過ぎないよう食生活を改善することが求められます。

また、必要以上に糖分を身体にためないためにも、日頃から運動を取り入れるなど生活習慣全般を見直し、健康的な生活を心がけましょう。